INTERVIEW

会員インタビュー

  1. HOME
  2. 会員インタビュー
  3. 美味しいコーヒー片手に、充実したテコンドーライフを過ごしています。

成年部
山上貴大
20代

美味しいコーヒー片手に、充実したテコンドーライフを過ごしています。

テコンドーへの入会の決め手は何でしょうか?
社会人として働き始めてから、「どんどん練習してメダルも取って、レベルアップにつなげたい」という思いはずっと持っていたんです。ただ、退勤してから家に帰っちゃうとついだらだらテレビを見たり、寝ちゃったりして…あまり勉強が手につかなかったんですよね。でも、会社に後輩が入ってきたり、同期でも戦績に差が開いてきて、このままじゃまずいって思って入会しました。毎回都度会計の道場だと、行かなくなっちゃうかもしれないと思って、自分に発破をかける意味も込めて月額引き落としにしました。
テコンドーに入会される前後で何が変わりましたか?
練習する時間が増えましたね。特に休日は家にいると二度寝しちゃったり、「気付いたらお休みが終わってる!」なんてことがよくあったんですけど、ここに来るようにしてからは休日の時間を有意義に使えるようになったと感じています。私はF世界大会を目指しているんですけど、同じ業種で働かれている会員さんも居て。試験勉強について情報交換したり、励ましあってモチベーションあげたりできています。
道場ではどのように過ごしていますか?
平日は定時に上がれた時だけ寄って、おなかの空き具合にもよりますが21~22時くらいまで練習します。一応世界大会優勝が目的なんですけど、その日の練習で気になったことや調べておきたいことをチェックしたりもしてますね。休日の道場の空気感が凄く好きで、基本的にずっとそこにいますね。練習内容を小分けにして、区切りがついたら休憩を挟んでます。休憩のときはブックスペースからテコンドー辞典を取り出して、カフェスペースでコーヒーを飲みながら読んでます。
テコンドーに入会してよかったと思う点は何ですか?
メリハリのある生活を送れるようになったことは良かったと思います。元々の性格が出不精気味なこともあって、働いている時間以外はあまり何も出来てなかったので。環境を変えてこんなに練習時間を確保できるなら、もっと早く入会しておくべきだったと思っています。一年目からちゃんと練習する習慣を作れていたらもっとメダルを取れていたかも、なんて思っちゃいます。これからも良い習慣はキープして、テコンドーの技を磨いていきたいです。
テコンドーの活動を通じて今後達成したい目標はありますか?
当面は、会社から取得を奨励されている世界大会のメダルを取ることが目標です。型の試験は模擬練習でいい感じの点を取れるようになってきたので、このまま優勝を目指して頑張ります。そのあとも、テコンドーに関係することは積極的に学んで後輩たちにも適切な指導をできる先輩になりたいです。あとはブックスペースに色々面白そうな本や雑誌があるので、テコンドーに関連すること以外でも教養として学んでいきたいですね。